<< OWNERのトップへ




 Tspaceのオーナー、Tさんはもともと土地を持っていたわけではなく、ゼロから賃貸住宅の経営を始めました。さらにTOP-PRIDEに参加したのも物件の完成直前。その選択に至った経緯と結果はどうだったのでしょう?


 私は最初からTOP-PRIDEのオーナー募集に申し込んでTspaceを建てたわけではありません。コンタクトをとったのが完成の3ヶ月くらい前です。そもそも私は土地を持っていませんでした。土地探しからからはじめ、まさしくゼロからのスタートです。「入居してくれる人がいるのか」「入居者募集をどうすればいいのか」等、もちろん不安はたくさんありました。

 私がデザイン関係の仕事をしていることから、入居者の住みやすさ、洗練されたデザインを意識してプランニングしてきました。そこにブランド力と合わせて高い意識の方々に住んでもらいたい。そんな人たちにアピールしていきたいという気持ちもありました。一般の不動産屋にも相談しましたが、正直、私が求めているセンスとは相違がありました。そんな時にTOP-PRIDEのオーナー募集のことを知ったんです。話をしてみてデザインや物件、企画のコンセプトについてお互い共感できたので参加することにしました。 最初は物件について、いろいろ注文を出されると思ったんですけど(笑)特にはなかっ たですね。

 一番良かったのは、物件募集時のアピール力。「東急沿線のエリアのデザイン性の高い物件に住みたい」と考える、まさに「Tspace」に入居してほしいデザイン意識の高い人に対してアピールできたのことは非常に魅力的でした。結果的には、内覧会に予想以上に多くの人が集まり、入居者もすぐに決定したので成功だったと思います。

 Tspaceの場合、広告ポスターによるプロモーションも行えたのも、オーナーとして嬉しかったですし、TOP-PRIDEのサイトに掲載されていることで、知人に物件紹介する際にURLを伝えるだけ良い等、コミュニケーションしやすかったですね。デザイン性の高い物件を扱っているTOP-PRIDEの一員になることで、TOP-PRIDE全体のイメージも高まるし個々の物件イメー ジも高まる。さらにそれらによって住む人の意識も高まる。そういう相乗効果のあることがメリットであると思います。

 賃貸住宅の経営をするという立場でも、快適に過ごしてもらう入居者にも、双方に心地良い手段が提供されるところが良いですね。

>> Tspace


>> オーナーインタビュー TOP-PRIDEに参加して頂いたオーナーの方にお話をうかがいました(1)(2)
>> オーナーの方へ システムのご紹介
>> 資料請求、お問い合わせ、ご登録はこちらから!是非一度ご連絡下さい。
>> TOP-PRIDEとは?
▲このページのトップに戻る